出会いと恋愛と×××と僕

自分の恋愛に私生活について書いてみたくなり、久しぶりにブログを立ち上げました・・・こんなヤツもいるんですよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イメージを変更しました

こんばんは

以前の可愛いテンプレートから

少しモダン風なテンプレートに変更しました。
(カラーイメージを初期のモノトーンから変更しました)


ご感想など頂けましたら幸いです。

スポンサーサイト

S

今回は僕の内なることを少し


彼女達と素敵な時間を過ごす時
よく思うことがある

僕はドSにはなりきれない
いや、なれない

なる必要もないのかもしれないけど・・・



でもふとそう思う瞬間がある
責め弄り彼女達の顔が身体が快楽により歪む
言葉とは裏腹に身体はよがり、浮かせ刺激を受けたい
今とはまた違う快楽の世界を感じてほしい


そんな時、リミッターがかかるように
勢いが緩む

大丈夫?
痛くないか?
嫌じゃないか?

そんな思いが交錯する
(それが判るから安心していると言われたこともあるのだが・・・)


間違っても彼女達の反応を無視し「いいんだろ?」「欲しいんだろ?」とはならない
いやなれないのだ

あるブロ友さんの記事にもあったのだが
僕もイラマチオはしきれないほうだと思う
我が快楽を優先にはできない感情が芽生える


それでもまりえは僕のことを「私の中では十分ドSだから」という
経験値が物差しになる言葉
優しい言い方なのに責め立てる、羞恥心を煽られるのがいいらしい


綺麗ごとかもしれないが
僕は女性を感情を無視した行為が嫌いです

なので、鬼畜モノ、レイプモノは見ない
企画とわかっていても、期待どころか嫌悪感が先立ってしまうのです


とはいえ拘束したりして自由を奪い、悶える彼女達に興奮を覚える
でもこれには同意というか彼女達からもして欲しい、されることに興奮があることを
これまで築いた関係の中で判っているからの安堵があってのこと


そんな僕だが、裏腹にS気が物足りないとも思っている
求められている訳ではないのだけど
行き詰まってるのかな(笑


だから最近よく考えてしまうのです
どこのラインからがどんな行為がドSという部類になるのか


今日はここまで・・・



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。