出会いと恋愛と×××と僕

自分の恋愛に私生活について書いてみたくなり、久しぶりにブログを立ち上げました・・・こんなヤツもいるんですよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嬉しい写メ

こんばんは、毎日寒い日が続きますが
縮こまってませんか?

僕のは朝から超元気です。

今日、中距離のひろみから
「早く来て」とお誘いの写メが届きました。

(すみません、以前は写メ載せてましたが削除しました)

身体中いっぱい触ってキスをしたい・・・
乳首にキスをして舌で転がし甘噛みしたい・・・
どれもひろみは喜んでくれます。

早く会いに行きたい・・・


今日はここまで・・・

スポンサーサイト

犯罪?・・・じゃあないですよね?

こんにちは

今日は以前に出逢った「まや」の事を書こうと思います。

まやと出逢ったのは4月頃だったと思います。
介護関係への就職が決まり、研修中でした。
歳も20代前半で当時の僕とは一回りは違っていました。
これって犯罪?(笑)

当時の僕は寂しさというか、むなしさのような
気持ちで一杯だったことから”元気を分けてもらいたい”
そう思っていました。

まやのSNSには写真も出ていて、若いな~と思いながらも
元気で返信くれそうな子でもあったので僕からやり取りは始まりました。

会うまでのやり取りにはそんなに日にちはかからなかったと思います。
なぜなら、彼女も「大人の男性との出会い」を探していたから。

彼女の住む町は高速道路で行けば1時間半の距離
初めて会うこともあり、お互いの町の中間地点の
ファミレスの駐車場で待ち合わせ。

当日、僕のほうが先に着き
本当に来てくれるのかドキドキと不安が混じりながら
待っていると・・・

10分遅れでまやの車が入ってきました。
まやは、確認しながら僕の車へ近寄り


まや「○○さん待たせて、ごめんなさい」
僕「全然、大丈夫だよ」
まや「乗ってもいいかな?」
僕「どうぞ」

写メで見るより、綺麗で明るい感じで
とても嬉しかった。
数分車内で会話をして、駐車場から車を出した。

お互いに会う前から行きたい場所は話していて
僕が「探しておくよ」と言っていたことから
そこへ向かった。

手を繋いで。


今日はここまで・・・

不覚

こんばんは、昨夜からの久しぶりの大雪に
気持ちの踊っていた僕です。

多くの皆様は渋滞に遅れにとても疲れた日であったのではないでしょうか。

今回は以前にも書きました、あかねとのその後です。


あかねとは、もんもんと過ごしたあの日以来
毎日のようにメールのやり取りをしていました。

しかし、なかなか再度会う予定があわず
イライラしていた僕がいたことを今でも覚えています。

いつなら会える?とか明日はどう?とか
不覚にも彼女の生活の中に少しずつ追い詰めるような言葉を入れていた
当時、「出会い系」の経験が無かったゆえの過ち。

そのうえ、僕には「独占欲」が沸いてしまっていたのです。
そう、あかねには別の彼氏がいたにもかかわらず

そのうち、あかねは面倒になってきたのでしょう
返信が遅かったり、来なかったり・・・

なんとか会える日をこぎつけたものの
会ってからのあかねの雰囲気は
以前のものとは明らかに違いました。

より親密になるどころか、溝ができていました。
当時できる僕のスキルを全て使ったのではなかったか・・・
溝を埋めることはできず2時間程度で別れたのです。
「もう会えないから」が最後の言葉でした。


あかねとはそれっきりです。


今の僕なら絶対にしない大きな失敗をしていました。
「相手には絶対に依存しない」
「独占欲は持たない」
「会っている時以外に本気にならない」
僕の鉄則みたいなものです。

それ以降は、同じ鉄は踏んでいませんが。


今日はここまで・・・


お引越し

本日、FC2内でブログをお引越ししました。

以前はブログタイトル「オカシナモノブログ」でした。
ブロ友申請してくださっていた方、すみません。
今後はこちらで更新頑張りますッ

ガーターだけで・・

こんにちは、インフルエンザが流行していますね。

今日は前回にも書いた中距離のひろみと先週末に会ったので
そのことを・・・


ひろみとの待ち合わせ場所に行くまでの道中でも
会ったときのお互いのモチベーションを高める為エロメールは忘れません。

到着後、彼女の車へ乗り込むやいなや
ディープキス
車で4~5分のとこにあるホテルに直行です。

彼女のお尻を触りながらお部屋を決め
エレベーターの中でもカメラを気にせず
ディープキス
すでに彼女の手は僕の股間に・・・

部屋のドアを開け我慢できず
玄関でしちゃったりもしますが
今回の玄関は狭く、さっさと部屋の中へ

僕が椅子に座ると彼女が僕にまたがり
長~いディープキス
彼女の腰は動いて僕の大きくなった股間を更に刺激してくる

彼女を立たし、僕はパンツをずらすと
待ってましたとばかりにフェら開始
お口いっぱいに僕のモノを入れ「じゅぼじゅぼ」と音を出す
すると彼女はゆっくりと起き上がり
ソファーに座る僕の上へまたがるとそのまま生挿入

彼女がパンツをずらすことも無かったから
ん?と思い騎乗位のまま、彼女の短めのスカートをまくしあげ
お尻を出すとガーターベルトのみ

そうこんな感じ↓
imgg.jpg


そう、僕はノー●ンで来てねと言っておいたら
「考えとくねん」と言っていた、それをしてきてくれた訳だ
ん~やっぱエロい!

少しの間、ソファで騎乗位をしたあと、服を脱ぎベッドに移動
ガーターベルトだけになった彼女のアソコは凄く濡れていて
とてもいやらしかった
クンニで3回はイッた後またフェらをしてくれる彼女
我慢できなくなった僕・・ではなく彼女はまた自分から
僕のモノを入れ騎乗位になり腰を振る
「いいい・・」といいながら

明るい部屋で僕にまたがり感じている彼女の姿は
とてもセクシーで綺麗だった

体位を少しずつ変える
正常位からバックへ
僕は彼女のお尻を軽く叩きながら
パン!パン!とピストン
彼女の「イクーっ」と言う声を聞いて
僕も彼女の中で果てた

その後明かりを消し、薄暗い中お互いの身体を触りあいながら
休憩するも彼女が僕の手を取り、自らのアソコへ
そして、また一発・・

4時間の淫らな時間を終え
僕はまた一人帰る

帰宅途中に彼女からのメール
「最高に良かったよ!いつもありがとう」と


次に会うのはまた来月になるのかな・・・


今日はここまで・・・

初アップ

こんにちは、今週末に中距離のひろみと会えることで
ワクワクしている僕です。

以前にも書きましたが、ひろみは僕によく写メを送ってくれます。
これはその中の1枚↓
IMG_0199.jpg

何が初アップって写真を初アップです。

スタイルもいいので
セクシーに時にはやらしく露わなものも送ってくれます。
とても嬉しい・・・


僕 「すごく襲いたくなるよ」
彼女「どっからでも襲って」

僕 「早くひろみのアソコを舐めてあげたい」
ひろみ「いっぱい舐めてね、ヒクヒクしちゃう!」
なんてやり取りをしています。

変態的ですみません。
いつも会う前の何日間はそんな欲求全快のメールなので
会ったときはお互い獣のようです。

1ヶ月に1~2度の会える日、しかも移動時間もあるので
3~4時間程度しか会えません。
だから余計に濃い愛し方となります。

会える日がとても楽しみ
ムラムラも最高潮


今日はここまで・・・

出逢った女性

こんな時間に書きこんでますが
ちゃんと仕事してるんですよ

こんにちは

僕が出逢った女性、いや女性達ですね
独身の女性や既婚の女性共にいます。

本当にいろいろな状況、価値観、悩みを持っています。

独身の女性では
今、彼氏はいらない、けど出会いに興味があった女性
彼氏はいるけどセフレが欲しかった女性
男性に遊ばれてばかりでちゃんとした彼氏ができない女性
変化のない毎日にちょっと刺激が欲しかった女性
×1で都合のいい彼氏が欲しくなった女性

既婚の女性では
旦那の暴力が酷く離婚の裁判中の女性
比較的、家庭は円満だけど恋愛もしたい女性
旦那がセックスに積極的でなく性生活がない女性
旦那が単身赴任で欲求不満な女性
旦那ではない男性に優しくして欲しかった女性

などなど


最低な僕ですが、出会った女性の話しはしっかり聞きます。
真剣にも聞きますし、真剣に考え答えます。
アドバイスできることは真剣にアドバイスします。

僕はホストでもアドバイザーでもプロでもありません。
普通のサラリーマンであり父親であり男性です。

それでも彼女の不安が和らいだり疑問が解決するなら
最高に嬉しいのです。
「会えて良かった」「話せて良かった」「いてくれて良かった」と
言ってもらえると最高に嬉しいのです。

中には身体を重ねることで
「癒された」「初めてイった」「久々に気持ちよさを感じた」と
言ってくれた女性もいました。
これももちろん嬉しい。

色々な女性がいて色々な悩みがあり、感情があり欲求があるもの
頭で考える「当たり前」と直接出会い感じる「当たり前」では
雲泥の差があるものとつくづく感じます。



最低な僕が言っても何も説得力がないのですが

世の男性・・・”女性にはもっと優しくしましょうよ”



今日はここまで・・・

SNSで初めて・・・

こんにちは、まだまだ寒いですが
皆様いかがお過ごしですか?

今回は幾つかの某SNSで通算21人(多いのか少ないのか判りませんが)と
お会いしていますが
初めて会った女性の事をつづります。


彼女は2児のシングルマザーで僕より6歳下の「あかね」でした。
初めはメールのやり取りも上手でないこと
あかねにはもう一人たまにしか会わないが彼がいた事もあり
「それでも構わないなら」と会うまでには
2ヶ月程度は掛かったように思います。


写真のやり取りも無くメールだけなうえ
初めての出会いという事もあり超ドキドキだったことを
現地ことも含めはっきり覚えています。

夜、彼女の自宅近くの駅で待ち合わせ。
本当に会えるのか不安で車の中で待っていると
彼女から声を掛けてくれました。
暗くても不安交じりで可愛い笑顔でした。

2時間くらい僕の運転でドライブをしましたね。
初めての道なのであかねのナビで海岸線や山を走りながら
あかねの事、僕の事、SNSの事、いろいろ話しました。
運転に疲れた僕を気にして深夜のファミレスで休憩
ここでもよく話しをしました。
ほんとに可愛い笑顔で沢山話してくれました。

そろそろ・・・と
彼女の自宅マンションの駐車場に着き
初めて会った日ですから
「今日は会ってくれてありがとう」と言って帰るつもりでした

でも
何故だかお互い自然に抱き合い熱いキスをしました。
熱く長いキス・・そして彼女は僕の手を握り
自ら自分の胸へ
小ぶりでやわらかく暖かい乳房
とても敏感に硬くなった乳首

近くにホテルがあれば間違いなく即行きしたい!
でも無いことから駐車場で我慢・・・

あかねも僕の息子を触ってきた

僕はあかねの秘部へ手を伸ばすと
下着が濡れていた
直接触ると「あっん」と可愛い声
とてもやらしい液が僕の指に絡みついてきた
僕は指で愛撫していくと
あかねは声を殺しながら「イクよぉ」と
腰をガクガクしながらイってしまった

お互い「我慢できなくなる・・」こんな状況で
車の中で2~3時間はいたのでは・・・

誰にも見られる危険性が無ければカーセックスと
なっていたが、ここはあかねの自宅マンションの駐車場・・・

ふと外を見るとガラスは曇り
夜が明けかけている
もう5時過ぎだ


「次に会うときはちゃんとしようね」とあかね
結局プラトニックにお互い悶々として帰ることに


次に会った時、まさかの事態になるとは知らず・・・


今日はここまで・・・

今日は少しまじめに

こんにちは
今日は少しまじめな話し

「体罰」「いじめ」などは僕自身、無くならないと思っています。
僕も「体罰」受けたことあります
「いじめ」受けたことも、したこともあります。

ただ僕が幼少期に起こっていたものと、現在起きているものとは
「似て非なるもの」ではなく「似て曲がったもの」と
思っています。

質が悪い、陰険などいわれますが、そのひきがねを作ったのも
現在の私たち大人であり、親です。
よく言われる言葉ですよね。

でも、「そんなことしらんわ」と思って日常に追われて、過ごしている
人が多いのも事実。

一応、僕も父親です。
日々短い時間の中、子供とどのように向き合うことで
言葉を交わすことで、ふれあうことで、
子供がどう考え行動するようになるのか
どうするようになってきたかをさぐりながら過ごしています

僕も「理不尽な体罰」「いじめ」は許しません。
過去に受けて、してきた僕自身がどんなものかはよく判っています。

まずは自分の子供が、少しでも”どんな事がいじめなのか”
日頃の生活の中で感じてくれればと考えています。

それでも人は群れれば変わるもの
と僕は思っています


TVである社会人に成り立ての男性が
高校を辞めたいという自分の妹に言っていました

「学校は辛抱や忍耐を学ぶところだよ。学んで社会に出たときに初めてそこから先が見えてくるように思う」と


今日はここまで・・・

昼間から

すごく、すごく
久しぶりに書きますね

昼間なのに



今日は年末に会った、人妻ひろみとのお話を・・・

普段より少し早い時間でいつもの駐車場で待ち合わせ。


1ヶ月ぶりかな、少し久々なこともありちょっと新鮮

「久しぶりになってごめんね」と42歳でも可愛い女性
彼女の体調もすぐれなかったこともあり会えてなかったのです

近況を話しながら車で移動~ホテルへ直行です


部屋へ入るやたいして会話もせず
互いに求めるように抱擁と濃厚なキス
立ったまま彼女はすこぶる硬くなった僕の息子を触りほおばる

以前にも書きましたが
ひろみはとてもフェらが上手

僕が「すごく気持ちいいよ」と言うと
「嬉しい、もっとしてあげる」と彼女はいろんな攻め方でしてくれる
お互い全裸でベッドに移っても、とても長くやらしいフェらで僕を癒してくれる

彼女の秘部に触れるととても濡れていて
ク○二せずにはいられなかった僕は
お返しにとばかりに舌を這わせた

何度もイッて少々ぐったりした彼女

そんな彼女へ正上位で挿入
騎乗位やバックと体位をゆっくり変えながら
彼女の中を肌を吐息を感じながら
僕は突いていき
「いいいい!」と言う彼女の声と同時に
彼女の中で果てた

彼女とのセックスはとても気持ちいい
終わった後も自然と優しくなれる不思議な空気がある


その後、会話を楽しみもう1度セックスを楽しんだ


車を降りる前に彼女は
「また来年もよろしくね」と軽く頬にキスをして帰っていった

彼女は僕に会うといつも言うことがある
「○○(僕)がいてくれるからとても救われる」と



年も明けた
すでに会いたいと思う僕



今日はここまで・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。