出会いと恋愛と×××と僕

自分の恋愛に私生活について書いてみたくなり、久しぶりにブログを立ち上げました・・・こんなヤツもいるんですよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コスプレ?

この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請

快楽なひととき

この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請

大人だからさ

おはようございます

珍しく午前中に更新してみます

ただ・・・

今回はエロなしですがm(_ _)m



僕は毎日子供を保育園に送り出社する生活をしています。

可愛い保育者の方や綺麗なお母さん方と挨拶を交わすことも
些細なことをお話するのも楽しみの一つ。


朝から楽しい気分になれるo(^-^)○


でも今日は少し違って


僕の隣で自分の子供に大きな声で怒鳴り散らすお母さんがいた
「早ようせーや!」
「なんしよーんや!ぐずぐずせんとすぐ出せや!」

893じゃないんだからさ

その声、物言いで凄く気分が悪くなったヽ(ー_ー )ノ
今も少し引きずってる僕


なにやら子供の鞄に入れていた薬を保育者へ渡すのに
子供自身が手惑っていたみたい


そんなことでイライラしたって仕方ないのにね
そもそもそうなったのは子供のせいではない
親の責任だ
より良い準備や段取りを考えていないからそうなった

考える時間の問題ではない
考え方の問題だと僕は思う


自分のイラつきや都合で感情的になり
その感情を子供に押し付けることは僕は絶対にしない

そんな事をしたって子供は納得しないし理解もしない
理解してくれるのはなんとなく大人の世界がわかり始めてからだろう



でも結構いるんですよね
周りを構わず怒鳴り散らすお母さん
俺は知らん判らんと人事な物言いのお父さん


偉そうなこと言える立場でもないけどさ
そんな人達見ると、情けなくなるんですよ
と同時に心の中でその人に向けて
「あんた何様だ!」と言ってる自分がいる



もう少し優しくなりましょうよ
自分の子供にくらいはさ

もう少し落ち着いて見ましょうよ
子供のことは自分のことと思ってさ


大人の言い訳せずにさ



もしも今日
子供が亡くなることがあったら
自分が亡くなることがあったら
後悔しない?


優しくすれば良かったって

笑顔で答えてあげれば良かったって

抱きしめてあげれば良かったって

親身になっていれば良かったってさ




僕は日々そんな後悔を一つでもしたくないと
思っているだけです





今日はここまで

落ち着きとやらしさと

こんばんは

GWも終わり、日々仕事に家事に目まぐるしい日々を過ごされていますか



先週のこと、急遽年上の”ひろみ”と会えることになり
嬉しくもやらしい短い夜を過ごしてきました。


彼女とは年末に会って以来。

彼女の家庭のことや体調不良ということもあり
会うことが難しかしい日々が続き
たま~にしか連絡を取っていませんでした。

そんなやり取りをしていたある日

彼女から「今夜・・・急だけど会える?」と

「会えるようにするよ」と僕が返すと

「ありがとう、じゃあいつもの時間と場所で」と返信が届いた

久しぶりなこともあるが、彼女と会えるのは嬉しい。
「中距離のひろみ」とは違う”優しさ、柔らかさ、やらしさ”が彼女にはある。
年上だからか?とても居心地の良い女性だ。



”いつもの場所と時間”に行くとひろみは先にいた

彼女は僕の車に乗り込み「久しぶりだね」と話しながら近くのホテルへ

ひろみは少しふっくらしたようだが
(病院から出された薬が変わったせいらしい)
変わらず、可愛い人で落ち着く


部屋に入るとすぐに”来て”と手を広げ
僕を招き、抱きしめるひろみ
もしかすると10分くらいは何も話さず抱き合ったままだったかも


ソファでお互い求めあうように長いキスをし
自然に彼女の手は僕の股間に優しく触れ
ひろみは僕のパンツを脱がしペ○スをやらしく優しく舐めてくれた
「気持ちいいよ」と言うと「良かった」と微笑みを浮かべながら
さらに舌を這わし、久しぶりだからと長い時間僕のペ○スを舐めまわす


僕はそんな光景と気持ちよさに酔いながらも
ひろみをソファに座らせパンツを脱がせ、わざと足を大きく広げると
ひろみのクリへ舌を這わせた


次第に大きくなるクリと声
唾液とやらしい液でヌルヌルになるマ○コ
「いいよ~気持ちいいよ~!」と
次第に彼女の手は僕の頭を持ち自分のマ○コに押し付ける

女性が自らの快楽に欲望によって動き
求めてくれるのは最高に嬉しい


2度はイっただろうか


くたっとしたひろみをベッドに移し
再び抱き合いキス
69で再びお互いの性器を舐めあいヌルヌルにしていく


我慢できなくなったのかひろみは身体を起し
自ら僕の上に乗り腰を振ってきた

セックスは積極的なひろみ

そんな彼女もとても魅力的だ


僕も身体を起し抱きしめあいながらも
僕はひろみのお尻を持ち、前後に動かす
「ああっ・・いいっ」
お尻を動かされているのに自らも腰をお尻を振る

僕のペ○スがひろみの中の壁を叩く

とても気持ちいい


体位を変え正常位で彼女の中を刺激していく
唇や乳首にキスをしながら、彼女の中を感じながら・・・

「いくいくいくぅ!」と叫ぶひろみ

僕も追うようにひろみの中で果てた




ゆっくりと裸で抱きしめあい、しばらく休憩
そんな時何故かひろみは涙を流していた




身体の火照りも落ち着くころ
またキスをし始め2回目が始まる

1回目と変わらず濃厚にそして少し変化を
潮を吹かせてあげたり
違う体位をしたりとね

ひろみはバックも好きなので、2回目はバックで締めくくる


ひろみとのセックスはもちろん良い
けど、落ち着いた気持ちで過ごせる時間もとてもいい
落ち着きとやらしさを持つ彼女の人柄だろうか



2回のセックスが終わって、会えていなかった日々の話しを聞く
とても精神的にも身体的にも辛かったようだった
(普通はセックスの前に話しするよね(笑))

さっきの涙はほっとして力が抜けたようになり
不思議と涙が出たらしい


お別れの時間になり
着替えを終えゆっくりと「いつもの場所」へ
お互い「またね」と手をふり別れた

次はいつ会えるのか・・・




W不倫でも不実でも普段にはもてない落ち着ける環境を
少しでも自分になれる、女に男になれる環境を
求め合うのはおかしいことではないと僕は思う
(もちろん家庭内で解決できていればより良いだろう)


世間的にいけないこと
家族に子供に「ごめんね」と思う時もあるかもしれない
なにかの”犠牲”と”秘密”を持つことになるだろう


それでも偽りない自分でいられる
限られた時間と環境の中、安らげるひと時を望むことが
悪いとは言い切れないのではないか


でもね、きっと何かが”犠牲”になってしまうと思うのです
その”なにが犠牲なのか”を考えてみてほしい
考えたらできない、楽しめない・・となるかもしれませんけどね・・・



今日はここまで


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。