出会いと恋愛と×××と僕

自分の恋愛に私生活について書いてみたくなり、久しぶりにブログを立ち上げました・・・こんなヤツもいるんですよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予期せぬ出来事(再会)

こんばんは、急に寒くなりましたね
皆様、体調崩されないようにしてくださいね

まりえとの続きですが・・

久しぶりのメールから
毎日メールが届くようになり
過去にあったこと今のこと話ながら
6年ぶりに会うことに

彼女が指定した待ち合わせ場所
それは以前会っていた時に2度待ち合わせた場所

「久しぶりです」とまりえが僕の車に乗って来た
以前とは髪の雰囲気も変わり(当然だよね)
少しだけふっくらして話した感じ通り落ち着いた感も

ほんの少しドライブ
ある港へ着き再会に抱きしめあった
そして互いにデイープキス
「連絡してからずっとこうしたかった」なんて言われて

僕「まりえを抱きたいからホテル行くよ」
まりえ「うん」
港を早々に出てホテルへ

久しぶりに会ったのに早っ!!って思った方
いますよね?

まりえはMでエッチが好きな子
それは今も変わってなかった

会う前のメールで
「会ってみてしたいと思ったらホテル行っていいよ」
「むしろ思われんかったらへこむ」
なんて言われてたのです

超恥ずかしがりなくせに積極的だったりする
面白い子です

着いたホテルは以前2人で行ったこともある思い出あること
してる最中にまりえの当時の彼氏から電話かかってきて帰らないといけなくなったとか・・・笑

あえてそこに行きました。

まりえ「ここあの時ぶりだ〜」
と部屋は違えどおぼろげな思い出を話しだす
僕によりかかるまりえ
少し談話して僕は彼女にまた何度もキスをした

そして・・・
つづきはまた近日

今日はここまで・・・


スポンサーサイト

予期せぬ出来事(復活?)

こんばんは、また台風が来ているようですね
あなたのお住まいの地域は大丈夫でしょうか

先日、夢にも思っていなかった出来事があったのでその事を・・・

夜23時頃、一通のメールが入りました
「久しぶり、元気ですか?」と
知っている女性から・・その彼女は“まりえ”
実は約6年前に某SNSを通じて会い、割と近所だったこともあり
半年くらい会っていた子
当時彼女は25歳で彼氏と別れるかどうかと就職などで悩んでいたりで
ドライブがてら相談に乗ったり時にエッチしたりしていましたが
彼女の不安定さからあまりよい終わり方をせずフェードアウトしました。
その4年後(今から2年前)彼女の誕生日に何気なくメールをして
結婚したことは聞いていましたが、それからは全く音沙汰無しでした。

そんな彼女からのいきなりのメール
「当時は自分勝手でごめんなさい、今振り返ってみて
 あの時貴方にいてもらえて実はとても助けられていたことに今更気づきました。
 どうしてもお礼だけ言いたくて・・・ありがとう」
と、こんな感じの内容が届いたのです

僕は新手の詐欺か何かか?と驚いて「どうしたの?」と返信し、ことの成り行きを聞きました。

いろいろあって自分の時間もでき、そんな中過去の自分の事も思い返していたそうです。
その中で僕の存在が実はとても大切なものだったことに気づいたと同時に
自分がしていたことにえらく反省したらしく、どうしても自分の思いを伝えたいと
駄目元でメールを送ったと。

彼女にもいいましたが、僕はそんな大それたことをした覚えはなく・・・
確かに当時の彼女は一言でいえば、自分勝手。(自覚ありでしたが)
電話で話していても途中で切れ、待ちぼうけを食らったり
大きなことはありませんでしたが、いろいろありました・・・・
若さゆえかと、僕は振り回されていたように思います。
でもどこか可愛いところがあり、気になっていたことも合わさり
今でも当時のことは大体覚えています。

数日後、「声が聞きたい」と彼女が言うので話をしました。
当時とは違い、落ち着きも安堵もあってか口調も少し変わり
“癒し”を感じるほどになっていました。
話をすると彼女は誤ってばかり、そんな時
「とても救われていたこと気づかず酷いことばかりで
本当にごめんなさい、今更だけど・・・ありがとう」と聞いた時
鳥肌が立つほど、とてもとても嬉しく言葉を失っていました。

彼女からこんな気持ちの言葉を、ましやお礼を聞けるなんて・・・
実際、言葉にならない気持ちでいっぱいになりました。
隣で言われたら、間違いなく抱きしめていましたね。


こんなことってあるんですね・・・


そして、久々のメールから数日後
お互いに会って話したい気持ちから6年ぶりに会いました。

その話はまた



今日はここまで・・・

世界一可愛いテコンドーの試合

2年前のものらしいですが、今話題みたいです。

「世界一可愛いテコンドーの試合」

中国人の双子の女の子が、防具をつけてテコンドーに"興じる"様子
お尻ふりふりふりふり、むっちゃ可愛いですよ





タイトルどおり「超超超可愛!!」で癒されます!


今日はここまで・・・

旦那さんへの愚痴

こんにちは

男性の皆さん、いやご結婚されている男性の皆様
家事をしていますか?
奥様を助けていますか?
「してるよっ」って方、いらっしゃれば嬉しい限り

僕の周りの旦那様たちは、休日には料理するよって声をよく聞きます。
でもそれ以外は・・・しないねぇって感じ。

僕は結婚されている女性とお会いすることが多かったせいか
日常の話から発展して旦那様の愚痴をよく聞きます。

聞いたなかでも多かったのは
1番 家事を手伝ってくれない
2番 子育てにあまり(全く)関与しない
3番 言葉の暴力が酷い

1番に該当する場合2番も該当するケースがほとんど

3番は別として、女性から聞いた旦那さんからの言葉は
「面倒くさい」
「何故俺がしなくちゃいけない?」
「時間がない」
だいたいこの3つのどれか

どこまで自分勝手というか、嫁任せというか・・

更に話しを突っ込み、育った家庭環境のことを聞くと
大体共通することが出てきます。
“甘やかされて育っている”ってことが

自分がしなくても、既にある
言えば用意される、してくれる

それが、成人してまでも続いていた環境が
いや、恐らく今現在でもそうなのだと思います。

そしてそれは旦那さんの父親もそのスタンスなのだと思います
父親の姿を見て、母親はこうしてくれるものだと
こうするものだと日頃の環境からインプットされているのだと思います。

そして更にこの考えが膨らむ原因になるのが、女性の「してあげたい」という優しい想い

男性は関係がスタートして初めのころは
素晴らしい“付加価値”であったものが
つづくと次第に“普通になり当たり前”になる
でも女性はその頃になると“当たり前ではない”と思ってくる
男性と女性とすれ違ってくるわけです

コレが結婚してからの生活となれば現実味も重みも増し
ただの愚痴から生活の不満になってくるのではないでしょうか

でもこの考え、なかなか変えることはできないと思うのです。
なにせこれまでの生活環境がそうさせてきたうえ
わざわざ“しなくていい”から“したい”に変えることはしたくはありませんから

女性を通じて「こうしてみたら?」とか「こう言ってみたら?」と
いろいろ僕なりにアドバイスしてきましたが、変化はほとんどありませんでした。
むしろ女性から不満や提案を出すと、喧嘩になったり
「めんどくさい」と返される・・・
もちろん僕のアドバイスの問題もあるとは思います

でも、おかしいですよね
奥様は嫁さんは“家政婦じゃないですし母親でもありません”

正直、こういった家庭環境が少しでも無くなり円満に過ごせれば
仕事もプラベートも楽しみ方が変わってくると思うのです。
ましてや不倫に走るなんてことも少しは減るのではないでしょうか・・

ちなみに僕は、日頃の掃除・洗濯・食器洗いや片付け、
子供達の保育園の送り迎えや行事参加、風呂入れに身の回りから就寝までみっちりやります。
それは僕に時間があるから?
いいえ、仕事は半日以上しているうえ、睡眠も短く3〜4時間です
きっと違うのは自分のしたいことをしなかったり、無駄にだらりとしなかったりするだけです。
それで日常が楽しくスムーズに過ごせるなら僕はいいのです。

な〜んて偉そうに言ってますが、以前は僕も不満を言われる側でした
いや未だに妻からは良く不満を言われています


男性の皆さん、もし手伝うことをしていないようでしたら
少しだけ、いや一つでも奥様の日頃の家事を手伝ってあげてみてください。
きっと怪しまれますから
いやいや
きっとこちらも嬉しくなるちょっとした笑顔を見せてくれると思いますよ

秋晴れの空

10 月ですね

なかなかブログを書く程の時間も取れずきています

でも何気に更新

最近ブロともさんで年齢も境遇も全く違う男性だったのですが
突然ブログを閉鎖されました。
何故こんな事を書くかというと
凄く不思議と思考や内なるものが実は兄弟か?と
お互いに言いってしまうくらい同じような方で・・
尊敬と興味を持ち、ほぼ毎日更新されていたので
楽しみに拝見・コメントさせていただいていました。

それが停止ではなく、閉鎖(解約?)されていて
とても残念でなりません。
3つ気になることがあるのですがそれが当たっているのかどうか。
おそらくどれかが当たっていると思います。
が故に心配。

いつかまた復活される日があれば嬉しいな。



今日はとてもいい秋晴れの空
day100.jpg

通勤前にベンチに座り少し物思いにふける毎日

季節により少しづつ変わっていく色
川で泳ぐ魚達
散歩をしていたり、通勤に急ぐ人
毎日見ていると違いに気づくもの
風を色を人を臭いを知るほんの数分が
普段の忙しく過ごす自分に大切な時間だったりします


今日はここまで・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。